今転職するならここ!おすすめ業界5選と成功の秘訣を分かりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女性
女性
転職したいけど、どの業界にしようかな…
おすすめの業界はたくさんありますよ!特にIT業界をおすすめします!
男性
男性
女性
女性
そうなんだ!おすすめの業界について教えてください!

転職におすすめの業界を知りたいと悩んでいませんか?

現職の業務を継続しつつ転職に関する情報を探すのは難しいですよね。

私が最もおすすめする業界はIT業界です

コロナ感染症が蔓延して以来、オンラインによる会議や面談が主流となってきたことから、インターネットに関係する仕事の需要が増えてきています。

また、IT業界は、将来性を重視した採用を行っているところが多いうえ、技術を身につければ年収が上昇しやすいためです。

ただし、IT業界は将来性を重視していることから、30代以降になって転職を考えた場合には転職の難易度が20代と比べて上がってしまいます。

そこで、一般的におすすめとされている業界の特徴を把握することで、自分に合った業界を探せるようにしましょう

特徴を把握することによって、主体的に業界を探せるようになるので、特徴を把握していない人よりも多くの企業に申込むことができます。

そのため、転職活動でおすすめ業界の特徴を把握していない人よりも有利に立ち回れるようになるはずです。

今回は、転職におすすめの業界とその特徴について解説します。

この記事を読めば、転職におすすめの業界についてよくわかるはずです。



1章 転職におすすめの業界の特徴5つ

転職を有利に進めるには、狙いたい業界の特徴を把握することが重要です。

中でも人気の業界が有する特徴は労働条件の良さにも繋がるので、特徴を覚えて積極的に探せるようにしておくべきです。

転職におすすめの業界の特徴は以下のとおりです。

特徴1:基本給の割合が高い
特徴2:離職率が低い
特徴3:労働環境が良好
特徴4:新人養成制度が充実している
特徴5:設立から長期間経過している

それでは順番に説明していきます。

1-1 特徴1:基本給の割合が高い

転職におすすめの業界の特徴1つ目は、基本給の割合が高いことです。

業界の中には、賞与の金額を大きくしたり、手当てを多くすることで、基本給の割合を低く設定するところがあります。

しかし、基本給の割合が低いと、十分な残業代が出ない場合や賞与がもらえない場合に生活が安定しません

例えば、賞与の支給条件として業績要件を満たした場合のみという限定があった場合、それが達成できなければ少ない基本給しか支給されません。

他方で、基本給の割合が高い会社は、賞与や残業代に生活が左右されにくく、生活が安定しやすいのです。

そのため、充実した生活を送るためにも基本給の割合が高い業界がおすすめです。

1-2 特徴2:離職率が低い

転職におすすめの業界の特徴2つ目は、離職率が低いことです。

離職率が低い業界では、入社した社員が同じ会社に長年勤めて中堅層にまで育っているでしょう。

このような業界では、社員にとって働きやすい環境が整っている可能性が高いです

離職率が高くなる原因として、労働条件が悪いこと、人件費の削減や採用者数の減少などがなど様々なものがあります。

これらの原因があるからといって業界の善し悪しを即断することはできませんが、あなたが転職した場合に離職の原因となるかもしれません。

そのため、なるべく離職率の低い業界がおすすめです。

1-3 特徴3:職場環境が良好

転職におすすめの業界の特徴3つ目は、職場環境が良好なことです。

職場環境が悪いと、たとえ転職に成功したとしてもやめてしまう可能性が高いからです。

例えば、求人では残業時間はそれほど多くないと書いていたのに、実際には終電間際まで会社の電気がついていたとしましょう。

この場合、会社が求めている残業時間とあなたが想定している残業時間には大きな乖離があり、次第に職場環境に対する不満が募ることでしょう。

そのため、残業時間が求人と大きく離れていないなど職場環境が良好な業界がおすすめです。

1-4 特徴4:新人養成制度が充実している

転職におすすめの業界の特徴4つ目は、新人養成制度が充実していることです。

新人育成に力を入れている業界は、転職した後も長く勤められる可能性が高いです。

仕事に対する理解も深まり、やりがいを見つけられるかもしれません。

また、仮に転職するとなった場合でも能力が身についているはずなので、後の転職活動でも身についた能力を活かせるはずです。

そのため、新人養成制度が充実している業界がおすすめです。

1-5 特徴5:設立から長期間経過している

転職におすすめの業界の特徴5つ目は、設立から長期間経過していることです。

設立からあまり時間が経っていない業界では、業務の効率化が発展途上の状態となっています。

業務マニュアルも未完成なことが多いですし、業界に関する知識の蓄積も十分とはいえません。

経験者であれば対応できることはあるしれませんが、未経験で転職する際のハードルは高いと思います。

そのため、大きなミスをしないためにも、なるべく設立から長期間経過している会社がいいでしょう。

 

~ベンチャー企業は避けるべき?~

ベンチャー企業は、新しいビジネスに挑戦しようとしている会社などをのことをいいます。

ベンチャー企業では、会社が設立されて間もないことも多く、倒産リスクが高かったり、労働環境が不安定だったりすることがあります。

他方で、上場に成功すれば、初期から従業員として携わっていてストックオプションを付与されている場合などには、大きな利益を得ることができる場合があります。

このように新しいことに挑戦してみたい、自分で事業を成功させてみたいと考えているような人には、ベンチャー企業への転職が向いているケースもあります。

そのため、設立されたばかりの会社への転職だからといって、必ずしもあなたにとって不利益とは限らないことについても知っておきましょう。

2章 転職におすすめの業界5つ

転職に関する求人は膨大な量がありますが、その中から自分の能力に合った好条件の会社を見つけるのは大変ですよね。

そこで、ここでは転職において人気の業界を5つ列挙してみましたので、業界を選ぶ際の参考にしてみてください。

転職におすすめの業界は以下の5つです。

業界1:IT業界
業界2:インターネット広告業界
業界3:医療・介護業界
業界4:配送・フードデリバリー業界
業界5:製造業界

それでは順番に説明していきます。

2-1 業界1:IT業界

転職におすすめの業界1つ目は、IT業界です

IT業界と聞くと専門知識が必要な難しい仕事に思えて敬遠してしまいがちです。

しかし、食わず嫌いで職業適性も確かめずに他の業界を選んでしまうのは非常に勿体ないです。

IT業界は新人育成に力を入れているところが多く、選考においては未経験であっても将来性を重視してもらえます。

また、近年の急激なインターネット需要の増加に伴って、IT業界の需要も高まっています。

この需要の増加に人材の面で追いつけていない会社が多く、転職しやすい狙い目の状態となっています。

そのため、IT業界は転職におすすめです。

IT業界への転職を考えている方は、一度IT関連の参考書や学習サービスを用いて職業適性を確かめてみるといいでしょう。



2-2 業界2:インターネット広告業界

転職におすすめの業界2つ目は、インターネット広告業界です

スマートフォンなどの普及によって、誰でもインターネットを簡単に利用することができるようになり、ネットの需要が非常に高まっています。

インターネット広告業界は、この需要増加に伴って急激な成長を続けている業界です。

成長の結果、2019年にはテレビ広告よりも広告の効果を上げています(参照:調査の結果|特定サービス産業動態統計調査|経済産業省 (meti.go.jp))。

また、オンライン会議などの利用者も増加傾向にあることから、これからもインターネット広告の需要は高まっていくでしょう

そのため、インターネット広告業界は今後も成長することが期待でき、転職におすすめの業界といえます。



2-3 業界3:医療・介護業界

転職におすすめの業界3つ目は、医療・介護業界です。

日本は少子高齢化が社会問題となっており、高齢者の方が非常に多い国と言われています。

少子高齢化に伴い、医療・介護に関する需要が高まっているので、人手不足が深刻になっています。

また、医療・介護業界は人材育成にも力を入れていて、養成制度が充実していることが多いです。

さらに、最近では労働環境の改善に関するシステムが導入されたので、働きやすい環境になっていることが期待できるでしょう。

そのため、未経験でも転職しやすいと思うので、医療・介護業界がおすすめです。




2-4 業界4:配送・フードデリバリー業界

転職におすすめの業界4つ目は、配送・フードデリバリー業界です。

オンラインでの活動の増加やネットショッピングが拡大したことから、配送業界の需要が非常に高まっています。

この需要の増加によって、配送業界の人手が不足してしまっています。

また、配送業界は免許を取得すれば配送車を運転できるので、転職の難易度としてはそれほど高くはないです。

そのため、配送・フードデリバリー業界は転職におすすめです。



2-5 業界5:製造業界

転職におすすめの業界5つ目は、製造業界です。

製造業界は、勤め先にもよりますが、工場で単純な作業をすることが多く、未経験でも転職がしやすいです。

工場は、大企業が経営しているところもありますが、人気があるので転職の難易度が上がってしまいます。

また、大企業は能力を重視するところもあるので、未経験だと転職が難しくなってしまうかもしれません。

そのため、中小企業の工場勤務が狙い目といえるでしょう。

中小企業といっても、待遇の点で大企業に必ずしも劣るわけではないので、しっかりと求人の内容を確認してみましょう。

3章 年代別!転職で気を付けること

転職においては年齢によって企業が転職者を見る目が変わってきます。

特に、20代と30代とでは企業が転職者に求めるものが大きく変わり、難易度も段違いなので注意が必要です(参考:厚生労働省令和2年年齢階級別転職入職率)。

年代別で転職に気を付けることは以下のとおりです。

20代:将来性が重視されやすい
30代:経験が重視されやすい
40代以上:即戦力性が求められやすい

それでは順番に説明していきます。

3-1 20代:将来性が重視されやすい

20代が転職で気を付けることは、将来性が重視されやすいことです。

20代前半では、他の年代と比較してより長い期間就労することが期待できるので、企業は将来性を踏まえて採用の決定をします。

20代前半の方が、経験を重視するような業界に転職したいと考えた場合、他の年代よりも不利になってしまうかもしれません。

他方で、20代後半の方は社会人になってからある程度時間が経っているので、20代前半の方よりも経験が重視されるようになります。

20代後半の方が未経験の業種に転職したいと考えた場合、将来性の点では20代前半の方よりも不利に扱われてしまうかもしれません。

ただし、転職市場においては20代後半も十分に将来性を秘めているといえるので、未経験の業界にチャレンジすることもできるでしょう

3-2 30代:経験が重視されやすい

30代が転職で気を付けることは、経験が重視されやすいことです。

30代の転職の場合、企業は入社してから早めに戦力になってほしいと考えているので、将来性だけで採用してもらうのは難しくなります。

また、業務経験を積んでいることから、自分が望む仕事内容や労働環境が分かっていると思います。

そのため、転職した後にまた転職するという事態を避けるためにも、自分の理想と企業の提示した条件を入念に確認するようにしましょう。

3-3 40代以上:即戦力性が求められる

40代が転職で気を付けることは、即戦力性が求められることです。

40代での転職の場合、企業は転職者の有しているスキルを求めて採用をします。

また、業務に関するスキルだけでなく、管理職として就かせても問題ないかなど、マネジメント能力を求められることがあります。

さらに、同年代の転職者も高いスキルを持った方が多いので、転職を有利に進めたい方は資格取得なども検討されるといいでしょう

4章 おすすめの業界への転職における注意点3つ

転職におすすめの業界だからといって、転職活動や労働条件が思い通りになるとは限りません。

そこで、転職活動をする前に注意点を知っておくことで、あなたの認識と現実のズレを少しでも減らせるようにしておくべきです。

おすすめの業界への転職における注意点は以下のとおりです。

注意点1:中途採用が少ない
注意点2:競争率が高い
注意点3:収入減少の可能性

それでは順番に説明していきます。

4-1 注意点1:中途採用が少ない

おすすめの業界への転職における注意点の1つ目は、中途採用が少ないことです。

人気の業界では、労働環境が良好なことが多いので、離職率が低い傾向にあります。

新しく労働力を確保せずとも既存の労働力で足りていることがあり、中途採用を行う会社自体が少ないのです。

そのため、これから転職活動をする方は、幅広く求人情報を集めて少しでも有利に立ち回れるようにすることが必要になってきます。

4―2 注意点2:競争率が高い

おすすめの業界への転職における注意点の2つ目は、競争率が高いことです。

人気の業界の離職率の低さから、そもそも採用数が少ないということがあります。

転職者は少ない採用枠の中から採用してもらわなければならず、必然的に高い競争率となってしまうのです。

そのため、競争率が高い業界を選ぶ際は、他の転職希望者よりも有利となるようにスキルに磨きをかける必要があります

4-3 注意点3:収入減少の可能性

おすすめの業界への転職における注意点の3つ目は、収入減少の可能性があることです。

転職した場合、前の会社でのキャリアを引継ぐことはできないので、転職後の会社では役職が下がってしまうことがあります。

また、未経験業種の場合、評価が蓄積するまでに時間がかかるので、前職の収入に追いつくまで時間がかかってしまうかもしれません

5章 おすすめの業界への転職を成功させるコツ3つ

人気の業界は競争率が高いので、転職を成功させるにはコツが必要となります。

以下では転職を成功させるコツをいくつか挙げてみたので、参考にしてみてください。

コツ1:自己分析をする
コツ2:資格を取得する
コツ3:転職エージェントを利用する

それでは順番に説明していきます。

5-1 コツ1:自己分析をする

転職を成功させるコツの1つ目は、自己分析をすることです。

転職の前に自己分析をしておかないと、理想の会社を探せないほか、仮に入れたとしてもまた転職してしまう可能性があるからです。

また、自分の目的ややりたいことが明確になっていれば、面接で自己PRを十分にすることができるので、選考においても評価されやすいです

そのため、転職活動を成功させるためにも、自己分析はしっかりとやっておきましょう。

5-2 コツ2:資格を取得する

転職を成功させるコツの2つ目は、資格を取得することです。

資格を持っている場合、転職の際に自分の能力を証明できるので、能力に対する評価が安定しやすいためです。

そのため、自分の能力や学びへの積極性を証明する材料として、資格を持つことは転職成功のコツになるといえます。

5-3 コツ3:転職エージェントを利用する

転職を成功させるコツの3つ目は、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは、労働条件が良好な企業の求人を積極的に紹介してくれるところもあります。

そのため、転職エージェントを利用していない人と比べて、転職活動でより多くの企業に申込みやすくなります。

また、転職エージェントはあなたが望む労働条件に合わせて求人を紹介してくれるので、きっとあなたが望む条件の企業も見つかることでしょう。

6章 おすすめの転職サイト

転職を考えている方に向けて、一人一人に合ったおすすめの転職エージェントを以下で紹介しています。

是非、活用してみてください。

おすすめ1:ITエンジニア専門の年収提示型スカウトサービス【TechClips ME(テックミー)】



ITエンジニア専門の年収提示型スカウトサービス【TechClips ME(テックミー)】。

・事業会社の特化

・高マッチング率、ミスマッチゼロの転職エージェントが運営(ミスマッチとは転職後1年以内で退職のこと)

・何かお困りの時も、業界経験豊富なキャリアコンサルタントとご相談可能。

・現在年収は公開されなく、能力と経歴だけで企業が年収を提示しますので、 最大限の年収アップは実現可能。

 

おすすめ2:エンジニア転職なら100%自社内開発求人に強い【クラウドリンク】



理想の転職を叶える。社内SEを目指すなら【クラウドリンク】

【1】100%自社内開発求人に強い SEの転職上位理由にある”100%自社内開発”を実現できる強みを持つクラウドリンク。 他社に出向する必要がなく職場環境が頻繁に変わるようなことがございません。

【2】審査基準をクリアした非公開求人多数 年収、休日数、労働環境等クラウドリンクが審査し、これらを通過した優良求人情報のみ案内させていただいております。 また、他社エージェント様にはない弊社だけが扱っている求人が多数ございます。

【3】効率的で手厚い転職サポート クラウドリンクの専任アドバイザーがご登録いただいた転職希望者様に 詳細をヒアリングさせて頂き、ご希望にマッチした求人情報をご紹介致します。 また弊社は99%以上のご利用者様に対して電話やWebオンラインツール等を利用した 遠隔でのサポートを実施していますので、遠方の方も安心してご利用頂けます。 履歴書の作成や面接の対策までしっかりサポート!

 

おすすめ3:Web・ゲーム専門のフリーランス案件紹介サービス【テックタレントフリーランス】




Web・ゲーム業界特化&利用企業数1000社以上【テックタレントフリーランス】エンド直・元請のフリーランス案件が豊富

・業界特化!利用企業数1,000社以上
・エンド直元請特化&WEB・ゲーム系専門
・高単価(低マージン)&継続案件
・ITに精通した専属エージェントが徹底サポート
・初めてのフリーランスの方にも確かな参画実績

 

おすすめ4:ソニーグループ運営の医師求人、医師転職支援【エムスリーキャリア】


転職希望医師の登録実績No1を更新中!医師転職ならエムスリーキャリア

・医師転職エージェント業界では圧倒的に知名度が高い

・医療機関との条件交渉力の強さ

・転職希望医師の登録者数8年連続1位とトップクラス

・利用者満足度96%!

 

おすすめ5:薬剤師の求人・派遣・転職サイト「ファルマスタッフ」




薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

ファルマスタッフは、東証プライム上場の大手調剤チェーンである 「日本調剤」が運営している転職エージェントです。

・ファルマスタッフは、1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、 職場の状況を具体的にヒアリングしています。 そのため、求人情報が他社よりも非常に濃く、職場の雰囲気や経営状況、残業などの忙しさなど、 デメリットな情報であっても現場の生の声をしっかりと求人に反映しています。

・今すぐ転職を考えている方もちょっと考え中の方にも対応できます。

 

おすすめ6:看護師応援プロジェクト実施中!看護師転職サイトナースJJ会員登録促進



年間44万人が利用する看護師転職サイト『ナースJJ』

ナースJJでは、看護師様の転職がより良いものとなるよう看護師応援プロジェクトを実施中です。
・人事担当者からの一方的な情報だけではなく、 実際に入職した看護師様の意見を伺い看護師様の転職に活かしています。

 

おすすめ7:介護専門求人サイト【かいご畑】人材サービス登録募集



無資格・未経験からのキャリアアップなら⇒⇒介護専門求人サイトかいご畑・かいご畑の最大の特徴として、かいご畑に掲載されている派遣求人で就業が決定した場合、 介護の資格講座の受講料が0円になる『キャリアアップ応援制度』の利用が出来ます!・関東、関西、東海、中国、九州と全国のエリア毎に厳選された介護職の求人情報を6,000件以上掲載・求人応募の対象者は、介護の資格をお持ちでない方(初めての方)から経験者層まで 幅広い方が対象です!

 

おすすめ8:【飲食業界特化の転職支援サービス(フーズラボエージェントby株式会社クオレガ)】



未経験OK、寮・社宅完備、高収入のお仕事満載!工場・製造業の正社員転職サービス【コウジョウ転職】
業界最大数の求人!フーズラボ・エージェント

■コロナ禍でも成長意欲の高い上位2割の優良企業
苦戦が強いられている飲食店の中で、伸び続けている・安定した経営を行っている企業を紹介してもらえます。

■アフターコロナに向けて新規出店求人多数
コロナ明けの需要アップに備え、今から人材を育成する企業が多くご紹介可能な求人も増加中です。

■全国各地の求人からマッチする職をご紹介
専任キャリアアドバイザーがあなたのお話を踏まえて、様々な地域・職種からぴったりの求人を紹介してくれます。

■すぐにオンラインでも転職相談・面接が可能!
基本ご来社いただいていますが、ZOOMを使っての面談も可能です。

 

おすすめ9:日本のものづくりを支える工場・製造業の正社員転職サービス【コウジョウ転職】

未経験OK、寮・社宅完備、高収入のお仕事満載!工場・製造業の正社員転職サービス【コウジョウ転職】

・家具家電付きの寮完備

・月収30万円以上の 高収入

・入社祝い金付き

・フリーターや全くスキルがない方でも未経験から正社員として 一部上場企業の正社員で働ける

 

7章 まとめ

今回は、転職におすすめの業界の特徴やおすすめの業界、年代別で気を付けるべきこと、転職における注意点、転職成功のコツについて解説しました。

この記事の要点を整理すると以下のようになります。

まとめ

・転職におすすめの業界の特徴は以下の5つです。
特徴1:基本給の割合が高い
特徴2:離職率が低い
特徴3:職場環境が良好
特徴4:新人養成制度が充実している
特徴5:設立から長期間経過している

・転職におすすめの業界は以下の5つです。
業界1:IT業界
業界2:インターネット広告業界
業界3:医療・介護業界
業界4:配送・フードデリバリー業界
業界5:製造業界

・年代別!転職で気を付けること
20代:将来性が重視されやすい
30代:経験が重視されやすい
40代以上:即戦力性が求められる

・おすすめの業界への転職における注意点は以下の3つです。
注意点1:中途採用が少ない。
注意点2:競争率が高い。
注意点3:収入減少の可能性。

・おすすめの業界への転職を成功させるコツは以下の3つです。
コツ1:自己分析をする。
コツ2:資格を取得する。
コツ3:転職エージェントを利用する。

この記事が、どの業界に転職すればいいか迷っている人の助けになれば幸いです。

以下の記事も参考になるはずなので、ぜひ読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

【安心の大手転職エージェント】

1、関東・関西・東海の主要エリアの求人を網羅!ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富

2、20〜30代に転職サポートに強い!人事&採用担当との太いパイプ

3、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート


↺転職エージェントランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*